日本語教師の給料|評判が良いイーオンのレッスンを受けて英会話を習得しよう
Speaker

働く場所や働き方によって大きく異なる日本語教師の給料

日本語教師の給料

男女

常勤と非常勤の給料

国内で働く日本語教師の給料は、働き方によって大きく異なります。常勤の場合は、月収20万円程度で、非常勤の場合は1コマあたり2000円程度が相場となります。最初に非常勤として働き、キャリアを積んでから常勤になるケースが多いです。

海外で働く場合の給料

海外で働く場合は、働く国によって給料は様々ですが、現地の国の所得水準程度かそれより少し多いぐらいが相場となっています。

高収入を稼ぐことも可能

日本語教師の給料は、全体的に見て非常に良いとは言えないのが現状です。しかし日本語のプロという道を極めて、翻訳や通訳の仕事ができるようになれば、高収入を稼ぐことも不可能ではありません。

インターネットで求人探し

日本語教師として働きたいなら、まずはインターネットで求人を検索してみましょう。海外の求人をまとめたサイトを活用すれば、簡単に求人を探すことができます。海外求人の場合は、面接が決まった後に、オンライン通話で話を聞くケースもあります。

日本語教師を目指す人が気になること

どんな人が日本語教師に向いていますか?

日本語を伝える仕事なので、人に教えることが好きというのはもちろんですが、異文化や日本文化に興味があることも大切です。外国の生徒と深く関わるためにも、異文化を受け入れられる心を持っておく必要があります。

日本語教師の魅力はなんですか?

学生が成長していく姿を見られることです。全く日本語が話せなかった生徒が、日本語で話しかけてきたり、通訳をして助けてくれたりした時に、「日本語を教えてきて良かった」と感じます。

日本語教師になるために必要な資格はありますか?

日本語を教えるための資格や免許というはありません。しかし求人の際に提示される応募条件として「日本語教師養成講座420時間コース修了者」「日本語教育検定試験合格者」「大学日本語教育課程、主・副専攻修了者」となっていることが多いので、このいずれかの条件を満たしておくと日本語教師として働きやすくなるでしょう。

広告募集中